沖縄青の洞窟でダイビング マリントリップ > その他 > ダイビングポイント紹介
沖縄のダイビングポイント

冬割キャンペーンです

沖縄本島のダイビングポイントの紹介ページです

地形、砂地、マクロ・・・
沖縄本島は面白いポイントが豊富です!
お薦めはやはりポートダイビング!

希望のポイントによって使用する港を分けてリクエストにお応えしております。

特に「真栄田」「万座」ボートは、港〜ポイント間の乗船時間は5〜10分ほど。
さらに1Diveごとに港に戻るスタイルです。
港での休憩・お手洗い・タンクチェンジになりますので、
船酔いが心配な方も安心してご参加頂けますよ!

真栄田岬・山田方面
真栄田岬

− 真栄田岬(青の洞窟) − (※ビーチエントリーも可)

沖縄本島で一番人気のビーチダイビングポイントです!
もちろんボートエントリーも可能で、長い階段がある為、体力に自身のない方はボートがお薦めです。

透明度、魚影の濃さ、地形、そしてなんと言っても『青の洞窟』があります!
愛嬌のある ツバメウオは人気者です!

山田

− 山田ポイント −

白い砂地に群生する大きなユビエダサンゴが見事です。
日本で見られるクマノミ6種が全て見れる、とても贅沢なポイント。

他にもヨスジフエダイ、デバスズメダイなどカラフルな熱帯魚が多く、まるで水族館の中に迷い込んだ気分にしてくれるポイントです。
ウデフリツノザヤウミウシなども見ることもできます!

もぐりん

− もぐりん −

ツバメウオが群れるポイントです。
エントリーするとすぐにツバメウオがお出迎えしてくれます。
ツバメウオの数は真栄田岬以上!

クマノミも数種存在し、ビギナーダイバーでも楽しめるポイントです。

恩納村北部・万座方面
ホーシュー

− ホーシュー −

馬の蹄のような大きな根があることからホーシュー(ホースシューズ)と名付けられたポイント。
水深40mまで落ちるドロップオフを泳ぐと爽快です!
沖は回遊魚も回ってくることも。
深場にはアケボノハゼなども・・減圧に注意して潜りましょう。
安定して透明度がいいのも嬉しいポイントです。

万座ドリームホール

− 万座ドリームホール・ミニドリームホール −

万座の地形ポイントの代表格です。
恩納村・万座の海で潜るなら外す事のできないポイントが「万座ドリームホール」。
中級以上のダイバー向けですが、初級ダイバーでも楽しむことのできる縦穴ポイント「ミニドリームホール」も人気です。
縦穴から差し込む光、ドロップオフへ抜ける出口の景観はダイバーでしか味わう事のできません。絶景です。

万座方面他

− オーバーヘッドロック・なかゆくい・アポガマ他 −

万座周辺は地形のポイントから砂地にサンゴが群生するポイントまで、様々なポイントが存在します。

水深40mまで落ちるドロップオフの上を爽快に泳いだり、
縦穴、クレパスを通り抜けて探検気分に浸ったり、
サンゴ礁の群生する白い砂地で癒されたりと、
きっと満足にいくダイビングができますよ。
特に地形派ダイバーの方にはお薦めです。

残波岬方面
残波岬灯台下

− 残波岬灯台下 −

観光名所として、また泡盛の銘柄でもお馴染みの「残波」岬。
その残波岬にある灯台下もダイバーの間では人気のポイントです。 水深40mまで落ち込むドロップオフ、点在する大きな根や岩の隙間を進む気分は、まさにアドベンチャーダイビング!
ウミガメや時にはナポレオンに遭遇することもあります。

海況が良ければビーチエントリーも可能ですが・・・
かなりの体力勝負なのでボートでのエントリーをお薦め致します。

ミシラギ・コウリ残波

− ミシラギ・ツインロック・コウリ残波 −

残波岬付近は地形ポイントの宝庫です。

鋭いクレパスに差し込む光、どこまでも落ち込むドロップオフは、 地形派ダイバーを必ずや満足させてくれることでしょう。

真栄田岬や万座方面に比べると若干知名度は落ちますが、 その理由が全くわかりません!
ポイントの面白さは全くの同等!もしくはそれ以上!

長浜

− 長浜ポイント −

地形ポイントが多い残波方面で唯一の癒し系ポイントです。
白い砂地、群生するサンゴ礁、カラフルな熱帯魚。
特に巨大なコブハマサンゴには自然の力強さを感じます。

沖にはウミガメがのんびり泳いでいる事もあります。
1度のダイビングで3固体発見したこともある侮れないポイントです。
近くにはウミガメが産卵に上がるビーチがあるので納得です。

北部離島方面
水納島周辺

− ポートサイドNo.1 他、水納島周辺 −

北部離島「水納島」(通称:クロワッサンアイランド)

抜群の透明度を誇る水納島は、その透明度は慶良間に引けを取りません!ベストコンディションの時は40mオーバーも夢ではありません。慶良間諸島とは違い、港からボートで15分ほどで行ける為、船酔いの心配のある方でも安心して潜れるのが強みです。

真っ白な砂地に点在する根にはナンヨウハギ、またキンギョハナダイの群れは正に乱舞という言葉がピッタリです。
本島での癒し系ダイビングの最高峰とも言っても過言ではないです。

伊江島周辺

− 大洞窟 他、伊江島周辺 −

北部離島「伊江島」

砂地の水納島、地形の伊江島。
その地形の壮大さは写真や言葉では伝え切れません。
洞窟、トンネル、クレパス、まさに何でもありの地形ポイントです。
潜れる時期が限られてしまうのが難点ですが、一度は潜っておきたいポイントですよ!
水中ライトは必需品です。
冬場には伊江島周辺にザトウクジラが回遊してくることも有名です。


瀬底島周辺

− ラビリンス 他、瀬底島周辺 −

北風に強いポイントも多く、冬場でも頼りになるポイントが多いのが瀬底島です。比較的初級ダイバーでも楽しめるポイントが多いのも魅力の一つです。
サンゴ礁、
海水浴場としても人気の瀬底島。また瀬底大橋の下をボートで通過すると感動ものですよ!


ビーチダイビングポイント
真栄田岬ビーチ

− 真栄田岬 −

沖縄本島を代表するピーチエントリーポイントです。
人気の『青の洞窟』があるのもここです!

もちろん人気の秘訣は青の洞窟だけでなく、魚影の濃さ、地形、マクロと楽しめるポイントです。
階段がかなりキツイので、体力に自信のない方は、
迷わずボートエントリーお薦め致します。

砂辺

− 砂辺No.1 −

真栄田岬と人気を2分する本島屈指のビーチエントリーポイント。
ソフトコーラルが広がり通称「お花畑」と呼ばれています。

初心者ダイバーにはお薦めのポイントで、プチ洞窟もありますよ!
いろいろな楽しみ方ができるポイントです。
砂地ではヤシャハゼやネジリンボウなども見られます。

崎本部

− 崎本部(ゴリラチョップ) −

北風にとても強く、冬場にとても重宝するポイントです。
水深は比較的浅く、初心者ダイバーでも安心して楽しんで頂く事ができます。白い砂地に光が差し込むとキラキラ光る景色は、 沖縄の海のイメージそのもの。
手前に広がるソフトコーラルの群生も見事です。

「ゴリチョ」の愛称で親しまれているポイントです。

大渡海岸(南部)

− 南部ビーチ 大渡海岸・米須海岸・ギザバンタ他 −

南部を代表するビーチエントリーポイントです。

穴づくしの地形ポイント。
また復活を見せているサンゴ礁の群生は必見です。
沖ではウミガメやマダラトビエイと遭遇することも。
ただし、沖までのリーフがかなり長いので、体力に自信のある方限定です。

レッドビーチ

− レッドビーチ −

冬場限定のポイント。
一般的な「沖縄の海」のイメージを根底から覆す、泥地ポイントです。
透明度は期待しないで潜るのが大前提です。

生息する生物はレアものも多く、またウミウシの宝庫です。
1ダイブで20種近いウミウシを発見することもできます。
ちょっとマニアックな?感じもするポイントですが、
少し視点を変えて潜るととても楽しいポイントです!

オリオン

− オリオン −

当ポイントの目的はスバリ「ハナヒゲウツボ」です。
幼魚&成魚、共に観察することができます。
ですが、頻繁に移動するので頑張って探す必要があります。
ウミウシも豊富で、また水深20m付近にはガーデンイールやヤシャハゼ等も見る事ができます。
例えハナヒゲウツボを発見できなくても・・・なかなか侮れないポイントです。